「10月度家族例会」を開催しました

開催テーマ:「防災運動会 ~犬山JCまもりんピック~」

10gatu1

担当委員会:会員交流委員会

委員長:田中 佑典君

【目的】

日頃難しく考えがちな防災や減災、また救命救急について、防災運動会を通して楽しく学ぶ。防災意識の啓発と、互いに助け合う力を養うことにより、参加者一人ひとりに「自分たちの地域は自分たちで守る。」という意識を持って頂く。

【例会を企画するまで】

今回は10月で運動会シーズンということで、運動会をしようということはすぐに決まったのですが、運動会と学びをどう結び付けるかということに苦労しました。家族例会ということで奥様方や小さなお子様が多数参加する中、楽しく交流しながらどのように学ぶか。悩んでいたところ、理事長よりヒントを頂き、今回の防災運動会~まもりんピック~という企画に辿り着きました。

【例会で感じた事】

今回は消防士の講師をお招きしての救命救急法のレクチャーと、防災絡みの種目の運動会という2部構成での例会でした。小さなお子様を抱える奥様方が多いので、救命救急では成人と幼児の場合の違いなどもレクチャーして頂きました。万が一の際に備えて真剣にレクチャーを聞いている奥様方の姿が印象的でした。その後は簡易担架を実際に作成しての競技等を行い、知識・意識とも高まったと感じました。

【最後に】

災害は無いに越したことはないですが、もしもの時にどうやって身を守るか、またどうやって人を助けることが出来るかを身に付けることが出来ました。今後万が一の際には、本例会で学んだことを活かし、地域での助け合いに役立てて頂きたいと思います。

【参加者の感想】

2015年度入会 森 健太君

今回の家族例会は[防災運動会」という企画の中、家族で防災を学びながら体を動かしました。消防士の方に初めてAEDの使い方を教わり、自分が救助する場面に遭遇した際に人命救助できる知識が備わったと感じました。親達が消防士の方に真剣に質問している姿をみて、家族を守りたい想いが伝わり、大人も真剣に学んでいたことを実感しました。子供達がどこまで理解しているのかはわかりませんが、少しでも本例会で学んだことを覚えていてくれたら幸いです。子供たちに教えているうち自分自身も防災に対する意識が強くなり、とても学びがあるいい家族例会になりました。

2016年11月8日