「8月度例会」を開催しました

開催テーマ:「サマーキャンプ~桃太郎アドベンチャー~」
8gatu

担当委員会:魅力あふれる人財育成委員会

委員長:東 貞雄君

【目的】

子ども達が野外活動を行い自然と触れ合う中で、犬山の恵まれた自然に感謝する心と活動する仲間との絆を育むと共に想像力と好奇心を養う機会を提供します。また、青年会議所メンバーは子ども達と共に活動する中で、子ども達との向き合い方、そして今後の青少年育成をどのように行っていくかを考える機会とし、それを青年会議所活動に生かして頂き、子供のみならずメンバーが魅力あふれる人財となる一助とします。

【例会を企画するまで】

8月度例会という事もあり、最初に思いついたのがキャンプでした。我々青年会議所は日頃から地域貢献という言葉をよく使います。地域に貢献するという事を重点に置き、犬山市在住の小学生を集めて1泊2日のキャンプを行う事にしました。その次に子ども達が夏の思い出となり尚且つ少しでも成長して帰宅してもらえるように子ども達が考えて率先して行動ができるように設営していきました。数ある課題をクリアし危険要素を排除して子ども達が楽しめる企画を考える事は容易ではなかったのですが委員会のメンバー一人一人がとても良い案を出して頂き開催する事が出来ました。

【例会で感じた事】

子ども達との1泊2日の中で色んな子ども達の姿が見られ、怒ったり泣いたり笑ったりと表情と表現の豊かさを実感しました。メンバーのお子さんはまだ幼児が多いので小学生という枠組みの中で接し方一つ考えて行動して頂けたと思います。今回の体験を忘れずに今後もたくましく成長して頂けたらと思います。また、メンバーはこの経験を元に青年会議所活動及び青少年育成活動を今後も行ってもらいたいです。

【参加者の感想】

2016年度入会 土屋 和也君

青年会議所に入会して初めての例会でした。僕はA班のお子さん達を担当したのですが、やんちゃな子や元気いっぱいの子供達をまとめるのはとても大変でした。それでも2日間寝食を共にし、徐々に子供たちとも打ち解け、自分もたくさんの気づきや発見があった例会となりました。例会が終わり、子供たちとお別れする時はとても寂しかったです。後日親御さんから、「少し成長して帰ってきた気がする!参加させてよかった!来年も参加させたい!」とお声をいただき、とてもやりがいを感じました!普段社業をしているだけでは体験できない達成感があり、参加して良かったと感じました。

2016年9月10日