「9月度例会」を開催しました

「9月度例会」

西尾張6JC合同例会

9gatu

担当:事務局

事務局長:岡田 実君

【目的】

毎年9月には西尾張6JC合同エリアで西尾張6JC合同例会が開催されています。この事業は青年会議所の新旧組織と連携し、共に学ぶ機会と情報共有する必要性があると考えて本例会を企画させて頂きました。

【例会を企画するまで】

毎年、この西尾張6JC合同例会に参加しているのは理事メンバーしかおりませんでした。この事業を多く知って頂く為にも、早い段階からメンバーの参加奨励や講演チラシを配布させて頂きました。

【例会で感じた事】

式典では西尾張6青年会議所の活動報告や次年度理事紹介がなされ、西尾張6青年会議所の方向性を知る事ができ、同じエリアとして連帯感を高める事が出来たと思います。また事業では中部大学教授の武田邦彦氏を講師として「見方を変えれば未来も変わる~明るい豊かな地域(まち)のために~」と題して講演を聞き、様々な見方を少し変える事で少し違った事も見えて行き、行動力も変わる事というヒントを教えて頂きました。

【最後に】

2017年の西尾張6JC合同例会は(一社)犬山青年会議所が担当となります。大きな事業ですので、LOM全員で設営しなければなりません。メンバー一人ひとりが設営する意識を高め、事業が成功に終える事を目指してLOM一丸となって取り組んで行きたいと思います。

【参加者の感想】

2016年度入会 増田 修治君

次年度に向けての各JC意気込みを感じました。また講演では普段からテレビでは伺えない内容を拝聴ができ、自分自身の為になりました。

2016年10月5日

「8月度例会」を開催しました

開催テーマ:「サマーキャンプ~桃太郎アドベンチャー~」
8gatu

担当委員会:魅力あふれる人財育成委員会

委員長:東 貞雄君

【目的】

子ども達が野外活動を行い自然と触れ合う中で、犬山の恵まれた自然に感謝する心と活動する仲間との絆を育むと共に想像力と好奇心を養う機会を提供します。また、青年会議所メンバーは子ども達と共に活動する中で、子ども達との向き合い方、そして今後の青少年育成をどのように行っていくかを考える機会とし、それを青年会議所活動に生かして頂き、子供のみならずメンバーが魅力あふれる人財となる一助とします。

【例会を企画するまで】

8月度例会という事もあり、最初に思いついたのがキャンプでした。我々青年会議所は日頃から地域貢献という言葉をよく使います。地域に貢献するという事を重点に置き、犬山市在住の小学生を集めて1泊2日のキャンプを行う事にしました。その次に子ども達が夏の思い出となり尚且つ少しでも成長して帰宅してもらえるように子ども達が考えて率先して行動ができるように設営していきました。数ある課題をクリアし危険要素を排除して子ども達が楽しめる企画を考える事は容易ではなかったのですが委員会のメンバー一人一人がとても良い案を出して頂き開催する事が出来ました。

【例会で感じた事】

子ども達との1泊2日の中で色んな子ども達の姿が見られ、怒ったり泣いたり笑ったりと表情と表現の豊かさを実感しました。メンバーのお子さんはまだ幼児が多いので小学生という枠組みの中で接し方一つ考えて行動して頂けたと思います。今回の体験を忘れずに今後もたくましく成長して頂けたらと思います。また、メンバーはこの経験を元に青年会議所活動及び青少年育成活動を今後も行ってもらいたいです。

【参加者の感想】

2016年度入会 土屋 和也君

青年会議所に入会して初めての例会でした。僕はA班のお子さん達を担当したのですが、やんちゃな子や元気いっぱいの子供達をまとめるのはとても大変でした。それでも2日間寝食を共にし、徐々に子供たちとも打ち解け、自分もたくさんの気づきや発見があった例会となりました。例会が終わり、子供たちとお別れする時はとても寂しかったです。後日親御さんから、「少し成長して帰ってきた気がする!参加させてよかった!来年も参加させたい!」とお声をいただき、とてもやりがいを感じました!普段社業をしているだけでは体験できない達成感があり、参加して良かったと感じました。

2016年9月10日

=サマーキャンプ 忘れ物のお知らせ=

8月20日、21日に開催しました「サマーキャンプ」にご参加頂き誠にありがとうございました。

サマーキャンプ終了後に発見しました、探し物1点と忘れ物2点報告させて頂きます。

=探し物1点 Tシャツ=

S__61677572

 

このTシャツの150センチを探しています‼️
間違えてお持ちの方は、お手数ですが犬山青年会議所事務局までご連絡お願いします。

犬山青年会議所 事務局 0568-62-6482

=忘れ物2点 Tシャツ デニムハーフパンツ =

S__61677572

S__61677573

S__61677574

S__61677575

 

こちらの2点は犬山青年会議所事務局にてお預かりしています。

犬山青年会議所 事務局 0568-62-6482

受付時間 平日13:00~16:00

2016年8月31日

「サマーキャンプ ~桃太郎アドベンチャー~」活動写真公開

DSC_0384_00113
犬山青年会議所による「サマーキャンプ ~桃太郎アドベンチャー~」にご参加頂き誠に有難うございました。
2日間の活動写真を纏めさせて頂きました。
是非お子様達の楽しそうな笑顔をご覧ください。

下記のURLを入力お願い致します。

http://30d.jp/inuyamajc/2

2016年8月22日

「6月度家族例会」を開催しました。

開催テーマ:「We  are  all  family !! みんなで収穫・調理体験」

HP用

担当委員会:会員交流委員会

委員長: 田中 佑典君

=目的=

家族が集い自然の中で野菜を収穫し、そして調理することを通して、会員同士、家族間での一体感を育む。また参加してくださる家族の方には、メンバーの設営や当日の働きを見てもらい、青年会議所活動への理解を深めて頂くと共に、感謝の想いを伝える。子供たちには土に触れ丈夫な身体を育むと同時に、普段何気なく食べている野菜がどのように育っているかを学んでもらい、自分で収穫した野菜を食べることにより食べ物に対する感謝の気持ちを感じてもらいたい。家族同士が集い、全員でひとつの大きな家族のようになれることが本例会の最大の目的です。

=例会を企画するまで=

私自身、2015年度入会で初めての委員長、初めての担当例会でした。仕事の時は目標が明確な中、どうしたら目標達成できるかという考え方になります。しかし青年会議所活動は非常に自由度が高い中、想いを実現しなくてはなりません。例会を企画するにあたり、方向性、内容、何を学ぶか等、全てをゼロから考えることが一番大変でした。家族例会ということで、どうしたら参加する家族に喜んでもらえるかという漠然とした目的を実現するために、委員会メンバーで何度も何度も議論しました。メンバーの子ども達の大半が幼児という中、どうしたら子どもを含めて奥様、家族に喜んでもらえるかが今回の企画の焦点になったと思います。委員会メンバーのご家族の方のご協力を得て、小さな子どもも楽しめる野菜の収穫を今回の例会のメインイベントにしました。

=例会で感じた事=

新入会員が半数以上という現況の中、60人以上の参加者が集まり、また皆で土を掘り、収穫野菜を使って調理、食事をするという一連の共同作業を通してメンバー間、家族間の距離が縮められたと思います。メンバーも入念な企画や設営を通して多くの笑顔に繋がったことを体感し、成長出来たと思います。何よりも一番うれしかったことは、参加してくれた子ども達が、「JCならまた行きたい!」と言ってくれたことです。それを聞いた時には長い議論、事前準備、当日設営の苦労が吹き飛び気持ちいい達成感を味わえました。

=最後に=

人との繋がりを持つことの大切さや、それが幸せということを強く実感しました。今回初めての担当例会でしたが、また10月に家族例会があります。犬山青年会議所メンバーとその家族がもっともっと仲良くなり、ひとつの大きな家族にますます近づけるような良い内容を企画し、次回は子ども達に「早くJCの集まり無いの?」と言ってもらえるようなLOMを目指します!

=参加者の感想=

2016年度入会 松本崇志君

青年会議所に入会して2回目の家族例会でした。自ら手で収穫した野菜を使ったカレー作り、普段顔を会わせることが少ない家族同士の交流ができ、犬山青年会議所が1つの大家族になれた気がします。そして何よりも、終始子供達の笑顔に満ち溢れた素晴らしい家族例会でした。

2016年7月12日

「5月度例会」を開催しました。

開催テーマ:「第3回 わんぱく相撲犬山場所」

 

事業報告用2

担当委員会:魅力あふれる人財育成委員会

委員長: 東 貞雄君

=目的=

わんぱく相撲犬山場所を開催するにあたり、子ども達にわんぱく相撲を通じて勝つ事の喜びや負ける事の悔しさを実感してもらいます。そして心と身体の成長を育み心身共に健康でたくましく思いやりのある子どもに成長してもらいたいと考えています。また、本年度はちゃんこ鍋を行う事により、相撲だけではなく『食』を通じて子ども同士の触れ合いを通じて絆を深めてもらいます。

=例会を企画するまで=

今年で第3回目となるわんぱく相撲。第1回、第2回共に成功を収めてきている継続事業で委員会メンバーの半数がほぼ経験のない状態でした。前年度までの企画書を読み、当日を想定したシュミレーションを重ねてより良くなるように議論しましたが、子ども達の参加がないと全て水の泡でした。毎年、チラシを作製し犬山の各学校に配布を行いましたが、今年は範囲を広げようと丹羽地区の学校まで配布をさせてもらい、目標である100人を目指して知人、友人まで巻き込んで声をかけさせてもらいました。事前準備の多さ、愛知ブロック大会、全国大会への打合せと委員会メンバー総出で開催に向けて取り組んできました。

=例会で感じた事=

勝った子ども、負けた子ども共に凄くいい顔をした子どもを多く見ることが出来た事が1番印象に残っています。毎年参加してくれる子も、今年参加してくれた子も笑顔で「また来年もやってね!絶対に来るから」とその言葉だけ連日の設営の疲れを飛ばしてくれました。そして、今年は大会終了後にちゃんこ鍋を振る舞うという企画もあり保護者の方も含めて満足して帰ってもらえたと感じました。

 

=最後に=

企画し開催する事の大変さや、万全の準備をしてもアクシデントがあったり反省の多い例会でしたが、やり終えてもう1回企画からやりたいという気持ちになりました。新体育完成にあたり、現在の犬山市体育館で行う最後のわんぱく相撲犬山場所として、子ども達にも保護者の方にもいい思い出になってくれていたら嬉しいです。青年会議所メンバーにも沢山助けて頂いたの今後の活動の中で力になれたらなと思います。来年も是非開催し、より地域に根づくわんぱく相撲犬山場所にしていければと思います。

=参加者の感想=

2016年度入会 高田 真司君

初めて大きなイベントに参加させて頂きました!
効率良く誘導などできてたかは疑問な点はありますが多くの子供さんに参加して頂き、勝ち負けはありましたがみんな喜んでくれたように思えます。ちゃんこでも子供さん親御さん皆さん喜んでもらえたのでよかったと思います。反省する点もありますが盛況できたと思います!僕自身、参加させて頂きとても楽しくいろいろ勉強にもなりました。

 

2016年5月24日

~第3回わんぱく相撲犬山場所 写真~

この度は、第3回わんぱく相撲犬山場所にご参加頂き誠に有難うございました。

当日撮影した写真をサムネイルにて貼り付けさせて頂きます。

画像をクリックし、オリジナルの画像を表示した状態でマウスの右クリック→「名前を付けて画像を保存」でPCへ保存可能です。

*全ての参加者を撮影したわけではありません。ご理解宜しくお願い致します。

 

 

DSC_0285_00031_R DSC_0549_00096_RDSC_0417_00066_R DSC_0397_00059_R DSC_0563_00105_R DSC_0561_00104_R DSC_0560_00103_R DSC_0522_00093_R DSC_0529_00094_R DSC_0545_00095_R DSC_0551_00098 DSC_0553_00099_R DSC_0555_00101_R DSC_0558_00102_R DSC_0521_00092_R DSC_0515_00091_R DSC_0500_00089 DSC_0493_00088_R DSC_0490_00087_R DSC_0488_00086 DSC_0475_00079_R DSC_0477_00080 DSC_0479_00081 DSC_0480_00082 DSC_0481_00083_R DSC_0483_00084 DSC_0484_00085 DSC_0474_00078_R DSC_0472_00077 DSC_0465_00076_R DSC_0452_00074_R DSC_0450_00073_R DSC_0442_00072_R DSC_0437_00071 DSC_0410_00063 DSC_0410_00063_R DSC_0415_00065_R DSC_0418_00067_R DSC_0424_00068_R DSC_0430_00069_R DSC_0436_00070_R DSC_0409_00062_R DSC_0405_00061 DSC_0400_00060 DSC_0396_00058_R DSC_0390_00055 DSC_0389_00054_R DSC_0381_00053_R DSC_0345_00044 DSC_0350_00046 DSC_0352_00047 DSC_0356_00049 DSC_0366_00050_R DSC_0368_00051 DSC_0379_00052_R DSC_0341_00043_R DSC_0340_00042_R DSC_0335_00041_R DSC_0322_00040_R DSC_0308_00038_R DSC_0301_00037_R DSC_0297_00036_R DSC_0286_00032_R DSC_0290_00033_R DSC_0291_00034_R DSC_0295_00035_R

2016年5月23日

会員紹介 vol,4

D

一般社団法人 犬山青年会議所 喜納 幹夫君(2015年度入会)

勤務先 リタペットクリニック  院長

趣味 ゲーム、燻製、御飯写真を撮ること

~入会のキッカケを教えて下さい~

多和田君と今井君に5年前に犬山青年会議所に誘われました。しかし、その時は開業したばかりで自分に余裕がなく、お断りしました。改めて昨年2人に誘われ、仕事に今でも余裕はありませんが、自分の気持ちとしては余裕が出来たのと、自分の業種以外の方と繋がりを持ちたい、犬山市の為に何かする事があればとの思いから入会に至りました。

~入会して良かったこと、感じたことを教えて下さい~

仕事が特殊な事もあり、同じ業種同士の繋がりはあるのですが、それではどうしても狭い視野に陥りがちなのではないかとの思いが常々ありました。入会して、業種関係なしに様々な人に巡り会い、様々な意見、お話を伺い、今までになかった新しい刺激を頂きました。

~今後の目標を教えて下さい~

昨年入会し、今年で卒業と余りにも先がない私ですが、何かしら爪痕でも残せればと思っております。至らぬ点が多々あるとは思いますが、皆様と共に犬山青年会議所に入って良かった!と思える様に頑張ります。

2016年5月17日

4月度事業報告

4月度事業としまして、犬山祭会場内にて2日間案内所を設営しました。

メンバーも梃子さんとして頑張っていました。

201604041

2016年4月15日